Zerojapan/ヅェーロジャパン

ZERO 良い服の条件
ZERO 良い服の条件
1,着やすくて、腕を前後に動かしやすいこと。
  • ”ネック”で着るという、軽くて着やすい型紙をヅェーロは
    使用しています。
  • 一日着用しても疲れにくい着やすい服であることが大事です。
    程良くフィットしていることです。
2,美しいスッキリとしたシルエットであること。
  • 上衣の胸のドレープ(丸味)で、より立体的で、ウエストが程良くシェイプドした服は、スッキリ見えて美しいシルエットです。
  • 縫製段階で、胸のマニュプレーション加工を施し、中間プレスを使いより丸味のある、立体的な服へと仕上げます。
3,スラックスは、はきやすく快適であること。

又、スラックスの小股部分がスッキリと見え、スラックスのセンターラインも外に逃げないことが、はきやすさのポイントとなります。はきやすいスラックスは常に快適にはけます。

4,外観が美しいこと。

出来上がった服は外観から見て、例えばステッチや、縫い目などが綺麗になっている事も大事です。

5,選ばれる生地によって仕立ての見栄えが違います。
  • 生地にハリ・コシがあり、グシャッと握った後に、しっかりと元に戻ってくるようなものであれば、服にした時に仕立て映えがします。
スーツのお手入れ方法
1,スーツは1日着たら1日休ませましょう。

ウールは呼吸する繊維です。湿気を吸ったり吐いたりしています。連日繰り返し着用するのを避け、一日着た後は厚手のハンガーに掛けて吸い取った湿気を発散させましょう。ズボンは2箇所が摘める様に止め具がついたハンガーに裾をはさみ逆さにつるしておきます。ズボンの重みでシワが戻ります。

2,外出から帰ったらポケットから物を取り出す
  くせをつけましょう。

ポケットに物を入れたままですと型崩れの原因になります。

3,ブラシはマメにかけましょう。

普段のちょっとした汚れやホコリは放っておかない事。ホコリ等がついたままアイロン掛けすると、シャキッと仕上がらず、生地を痛める原因にもなります。市販されているやや大ぶりの専用ブラシで毛並みに沿って上から下へといったようにして優しくブラッシングします。特に、肩や襟元のホコリをしっかり落としましょう。

4,アイロン掛けは当て布をしましょう。

アイロン掛けする時は当て布を忘れずに当て布にウールを使うとテカリを防げます。スチームのないアイロンの場合は当て布を湿らせてからアイロン掛けをして下さい。

5,時々、蒸気を当ててリフレッシュさせましょう。

湿気を発散させる事と矛盾するようですが、蒸気を当てる事でシワが取れやすくなります。スチームアイロンでプレスするのが一般的ですが、お風呂場等に掛けておくのも簡単な方法です。帰宅してシワができているようであれば一晩お風呂場に掛けておきその後、風通しの良い場所に吊るしておけば良いでしょう。

6,雨の日のお手入れ。

雨に濡れた場合はただ乾かすだけでほうっておくと型崩れの原因になります。まず、乾いたタオルで水分をふき取っておきます、その後当て布を当てアイロンを掛け風通しの良い場所に吊るしておきます。汗等も乾いたタオルをズボンの内側に入れ外側からぬるま湯にひたしたタオル等でたたいて汗を染み出させましょう。

7,生地のテカリを消すには。

スーツは古くなってくると膝、肘、尻等の部分がテカテカに光ってきます。洗面器一杯程の水に大さじ一杯のアンモニアを溶かした液で、布を絞って光っている部分を軽く拭きその布を当て布にしてアイロンを掛けると消えます。

8,クリーニングはシーズン一度くらいにしましょう。

あまり頻繁にクリーニングに出すとウールの持つ油が抜けてしまい折角の艶がなくなり、ぱさついた感触になります。同じスーツを毎日着る事を避けましょう。ウールはシワになっても戻ろうとする作用があります、毎日着ているとその作用が弱くなってシワが取れにくくなります。

9,シーズンオフのお手入れ。

まずクリーニングに出して下さい。一度でも袖を通した服は汗等の湿気を吸収しています。あまり着なかったからといってクリーニングに出さないと虫食いやカビの原因になります。クリーニングから戻ってきたスーツは肩の厚みに合ったハンガーに掛け替えて下さい。間違っても針金のハンガーのまま保管しないで下さい、型崩れを起こします。またビニールのカバーで保管しますと空気を遮断してしまい湿気を逃がすことができないので、
和紙等でできたカバーで保管する事をお勧めします。







Back